くるっとバン

中文
あかぎれ薬(クリーム・ワセリン)と一緒に使う保護フィルム「くるっとバン®」
女性の半数以上があかぎれに悩んでいます。内93%が寝るときに塗り薬を使用(ワセリン、クリームを含む)

ところで・・・指先の薬どうしてる?

指先の薬、ベタベタするし、いろいろさわってすぐ取れちゃう(泣)
薬の効き目大丈夫かな?
タップリぬれてしっかりカバー。ネイルの上からでもOK♥

薬に直接触れずに装着できます

くるっとバンは薬を保護して長持ちさせるフィルムです。塗り薬やワセリン、保湿クリーム等を塗った後、指に巻いてご使用ください

粘着なし・しめ付けない・ムレ防止(うるおいそのまま、余分な水蒸気だけを放出して蒸れを防ぎます)

使用方法

動画でご確認ください。

薬を指先に塗ってから使ってください。【1】巻いて【2】先をねじるだけ

キャンディーみたいに完成睡眠前に薬と一緒にご使用ください。
(1)薬を塗る
(2)指に巻く
※上部の巻く部分を残してください
(3)3回程度ねじれば指先に固定できます
※巻いた方向にねじってください
詳しくは動画をご確認ください。

箱の開け方
  • 箱の開け方【1】
  • 箱は裏面「中心部の点線内」を切り取って外してください。
  • 箱の開け方【2】
  • 左右の「UP」部分は上に開いてください。
    真ん中からフィルムが取り出せます。

【POP UP式】一枚目以降はスイスイ、簡単に取り出せますよ
スイスイ取れるPopUp

  • kb-image035
  • キャンディみたいに「先をねじる」という不思議な使い方。違和感を感じる方も……。でも実はとっても優れた形状なんです。それを紹介しますね
その①:指をしめ付けない

図:指を締め付けない

その②:サイズや状態を選ばない

細い指、太めの指、ネイルしている指も使える(マニキュアやジェルネイルを傷めず使える)

その③:慣れたらとっても簡単

装着5秒※

ストップウォッチ!
慣れると簡単に装着ができるようになります。
事前にご使用いただいた方は10回ほど練習すると、全員5秒以内に装着できるようになりました。
録画をしましたので動画をご確認ください。

※実績値であり保証値ではございません。

綿手袋
綿手袋を使う方に
提案します
くるっとバン併用のおすすめ
綿は枕カバーやシーツ、寝間着にも使われる素材、汗や皮脂をよく吸い取って気持ち良く睡眠できます。あかぎれ対策に薬の上から綿手袋をはめて寝る方も多いそうです。
朝手肌がサラサラ!でも待って、指先の薬は大丈夫?
綿(コットン)は水や油を非常に良く吸収する高吸収素材です。タオルや雑巾、油料理の廃油吸収もコットン製。
もしかして指先の薬も擦れて吸収されていませんか?
くるっとバンが寝ている間に外れる場合は
綿手袋と併用ください

くるっとバンの上から綿手袋をはめれば外れにくくなります
同時に、指先の薬成分や潤いを綿が吸収してしまうことをフィルムが防いでくれます。
また薬で手袋の内側が汚れることも防ぎます。
お互いに補い合える組み合わせですね。

高吸収素材

くるっとバン® 仕様

商品名:くるっとバン® (雑品)
製品寸法:高130mm×横幅70mm×奥行20mm
重量:15g
フィルム寸法:98mm×65mm(±3)
成分:ポリエステル
枚数:50枚
JAN:4582328830621

ケース:475mm×305mm×高330mm
入数:240個(24入中箱×10)

※中箱サイズ 280×90×高150mm
ITF:14582328830628

  • 商品画像、実用新案登録済み、日本製
  • 吊り下げ台紙を用意しております。

使用上の注意

  • 異常を感じたときは使用を中止し医師等にご相談ください。
  • 乳幼児の手の届くところには置かないでください、また乳幼児には使用しないでください。
  • 一晩を越える使用はお控えください。
  • 再使用をしないでください。
  • 指以外には使用しないでください。
  • 火のそばに置かないでください。
  • 直射日光をさけ湿気の少ない清潔な場所に保管ください。

※病気や傷を治したり薬効を上げるものではございません。
※このフィルムは焼却しても塩化水素などの有毒なガスは発生しません。

アンケート結果

あかぎれにお悩みの147名にアンケートをお願いしました。
Q:くるっとバンのどの特徴が気になりますか?(重複可)
  • ① 薬の保護
  • ② 装着が簡単
  • ③ 蒸れ防止
  • ④ 粘着がない

結果
アンケート結果グラフ(指先は薬が取れやすく治りにくいと感じています)

イイね!と思う特徴が皆さんもありましたでしょうか?

開発者より

「あかぎれ」や「サカムケ」「ヒビワレ」にお悩みの方、指先の薬に困っていませんか?
寝具に触ったり、他にもいろいろと触って指先から薬が取れて残ってくれない、対策として綿手袋をしているがそれでも治りにくい、という悩みを頂戴しました。
調べていくとラップ療法(密封療法)という世界的に通じる手段があることを知りました。ただ、食品ラップでは蒸れる(ムレる)という問題点が生じていることも知りました。
当社は、フィルムを粘着なく固定できる上、水蒸気を放出する、という効果を持つ特殊フィルムを持っておりその技術の応用からくるっとバンの開発がスタートしました。

皮膚科で貰う副腎皮質ホルモン(ステロイド)、市販のアカギレ薬、ハンドクリームやワセリンなど塗った後使える指保護絆創膏はこれまでありませんでしたが、くるっとバンをご使用いただくことで指先からの物理的な薬の保護を容易に対処頂けます。
寝ている間に無意識に外してしまう方は綿手袋と併用いただくことで対処が可能です。綿(コットン)は特に水分(うるおい)や油脂(皮脂)を吸収する素材で、薬の保護の観点からはお勧めできませんが、さらさらしてとっても気持ちのいい素材です。くるっとバンを付けた上から綿手袋をしていただくことで、薬の吸収を抑えて、気持ち良いハンドケアが可能となることでしょう。

くるっとバンが指を締め付けないことから外れやすいという印象を持たれる方もいますが、指サックの代わりに使っても外れず問題ないとの報告を受けました(作業にもよるとは思います)、むしろ指先が熱くならない(蒸れにくい)上にゴムアレルギーの心配がないことから重宝していただいているようです。

毎日使うから簡単に装着できるように工夫を凝らしています。薄いフィルムなので1枚づつ取る、巻く、など作業がしにくい点は、箱をポップアップにすること、フィルムに凹凸(エンボス)をつけて持ちやすくすることで改善し、5秒以内に装着できることを目標にしました。
指先の薬保護の悩みを頂戴してから製品化まで3年、数多くのテストを繰り返して完成させました。あかぎれ薬でお悩みの方に少しでもお役に立てたら本当に嬉しく思います。